So-net無料ブログ作成

表現することの素晴しさ [日常]

とある美術館のキュレーターと、園児の絵を観る。

わたしにとって

「これ、大丈夫っすか?」

と思わざるをえない色彩の絵画も、説明を受けると感動すら覚える。

ちびっこたちは、つたない経験をおのれの全てを、白いキャンバスに表現する。

全て、駆け引きなしだ。

よい評価を受けようとか、他人をおとしめようとか、そんなこと、一ミリも考えていない。

ただただ精一杯に、色を躍らせる。

あるがまま、の美しさ。力強さ。

それを教えられた。

ずるい大人になった私が、ひさしく忘れていた夢中な様子。

やはり、精一杯は素晴しい。

にわか仕込みの知ったかぶりや、上手な立ち回りなど、介在するイトマがない。

ひさしぶりに、モーレツに絵を描きたくなった。

画伯よろしく、何かを表現したい。

筆が踊る。

画材を出し、キャンバスの前で瞑想する。

いくら時間がかかっても構わない。

なにを描こう?

にゃんこは、どうだろうか?


NEC_0623.JPG

むう。

どうしたものか?

少し、届いていない感じを受ける。

どうやら、現在の画材では役不足のようだ。

明日、まずは100円均一で画材から整えよう。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

つまてつ

まだまだですな・・・(ーー;)

by つまてつ (2013-06-18 07:20) 

ばさ門の家族

画材せいではなく画ry…げふっげふっ

チャクラが足りないせいですね!
by ばさ門の家族 (2013-06-18 12:32) 

ゆうゆう

いや、これ、「へたうま」 ってやつですから。
本気だしてないだけですから。
あ、本気は一生ださないですから。
by ゆうゆう (2013-08-06 19:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0